HOME > アナリスト > 精神分析の代表的理論入門
 
 

ラカン派の精神分析〜イントロダクション

[講師] 立木康介先生(京都大学)
[時間] 100分
[概要] 「精神分析家とは無意識そのものの他(者)性を体現する〈他者〉である」という枢要命題を軸に、想像界と象徴界の区別、間主体的メッセージとしての解釈、「知っていると想定される主体」の転移論など、基礎的なラカン理論を概説する。
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する

間主観性システム理論(前編)

[講師] 富樫公一先生(甲南大学/栄橋心理相談室)
[時間] 41分
[概要] 間主観性理論(Intersubjectivity Theories)という言葉は、日本でも随分知られるようになりました。しかし、間主観性理論は一つの理論ではありません。それは、理論家によって全く異なる概念として扱われています。この動画では、Stolorow、Benjamin, Ogden、Sternといった理論家が概念化した間主観性理論について紹介します
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する

間主観性システム理論(後編)

[講師] 富樫公一先生(甲南大学/栄橋心理相談室)
[時間] 29分
[概要] 間主観性理論を探求してきた米国の分析家たちは、近年になって、精神分析の倫理的転回というムーヴメントを創り出しています。間主観性理論がなぜ、どのような意味で、倫理的転回へと導かれたのかについてお話しします。
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する

日本の精神分析(的心理療法)の歴史

[講師] 山崎孝明先生(こども・思春期メンタルクリニック)
[時間] 66分
[概要] 本講義では、日本の精神分析/精神分析的心理療法の歴史について扱います。日本における土着化の過程を「週一回」という特殊な設定に焦点を当てて説明し、その後日本の精神分析の現在、未来についてもお話しします。
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する

Gender and Sexual Minorities と精神分析的自己心理学

[講師] 葛西真記子先生(鳴門教育大学)
[時間]  47分
[概要] 本講義では、GenderとSexual Minorityについて、Freudの精神分析理論から自我心理学、関係学者、フェミニズム理論からの紹介を行い、Kohutの自己心理学における自己の発達をGenderやSexualityの観点から説明を行います。
また、Kohutの理論では扱われていないMinorityの視点について紹介し、クライエントとセラピスト関係において注意すべき点についてもふれます。
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する

アントニーノ・フェロの精神分析フィールド理論入門

[講師] 小林陵先生(横浜市立大学附属病院)
[時間] 56分
[概要] 本講義ではイタリアの精神分析家であるAntonino Ferroのフィールド理論について紹介します。南アメリカのBarangerらの二者的フィールド理論をもとに、Bion理論、そして物語論などを結び付けた彼の理論や技法について取り上げています。
JFPSP内動画ページへ
vimeoで視聴する