(うかい・なつこ)
大阪経済大学人間科学部・大学院人間科学研究科教授。
大阪府児童相談所心理職を経て、Tavistock Clinicの Child & Adolescent Departmentに留学。Child&Adolescent Psychotherapistの資格を取得。臨床心理士。日本精神分析学会認定心理療法士。
主著に「子どもの精神分析的心理療法の基本<改訂版>」(誠信書房)、「虐待を受けた子どものアセスメントとケア」(共編著、誠信書房)、「子どもの精神分析的心理療法のアセスメントとコンサルテーション」(監訳、誠信書房)」などがある。

HOME > アナリスト > 精神分析の代表的理論入門 > 鵜飼奈津子「子どもの精神分析的心理療法」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

子どもの精神分析心理療法

[講師] 鵜飼奈津子 先生(大阪経済大学)

 
[概要] 1930年代の英国において、A.Freud およびM.Kleinを中心に創始された子どもの精神分析的心理療法について、彼女らの技法の相違点、およびM.Kleinの考える子どもの内的世界-不安、転移、解釈―などを包括的に概観し、現在に至る歴史を振り返ります。また、子どもの精神分析的心理理療法の実践における、外的枠組みやセラピストの内的枠組みについて、その歴史的概観を踏まえながら、現在の実践と課題をお話しします。
 
[公開日] 2022/5/28
[時間] 62分
[vimeo VOD内の動画番号] 32

vimeoサイトで視聴する→