(かさい・まきこ)
[資格] 臨床心理士、公認心理師、日本精神分析的自己心理学協会認定心理療法家
[学位] 大阪大学大学院人間科学研究科 修士(M.A.)/University of Missouri-Columbia 博士(Ph.D.)
[現職] 鳴門教育大学大学院(教授・評議員)、兵庫教育大学連合大学院(兼任・教授)
[学会活動] 日本心理臨床学会(業務執行理事)、日本精神分析的自己心理学協会、日本精神分析学会、American Psychological Association(Division 17, 35, 52)、International association of Psychoanalytic Self Psychology
[業績] LGBTQ+の児童生徒学生への支援-学校を安全な場にするために-(共著・誠信書房)、トラウマと倫理:精神分析と哲学の対話から(訳本・岩崎学術出版)、Sexual Orientation, Gender Identity, and Schooling(共著・Oxford University Press)、セクシュアル・マイノリティへの心理的支援(共著・岩崎学術出版)、ポスト・コフートの精神分析システム理論(共著・誠信書房)、等

HOME > アナリスト > 精神分析の代表的理論入門 > 葛西真記子「日本の精神分析的心理療法の歴史」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

Gender and Sexual Minorities と精神分析的自己心理学

[講師] 葛西真記子先生(鳴門教育大学)

 
[概要] 本講義では、GenderとSexual Minorityについて、Freudの精神分析理論から自我心理学、関係学者、フェミニズム理論からの紹介を行い、Kohutの自己心理学における自己の発達をGenderやSexualityの観点から説明を行います。
また、Kohutの理論では扱われていないMinorityの視点について紹介し、クライエントとセラピスト関係において注意すべき点についてもふれます。
 
[収録日] 2021/09/01
[時間] 47分
[vimeo VOD内の動画番号] 18

vimeoサイトで視聴する→