(こばやし・りょう)
臨床心理士、公認心理師。東京国際大学大学院臨床心理学研究科博士前期課程修了。同年より横浜市立大学附属病院に勤務し、現在まで心理療法や心理検査、復職支援デイケア、緩和ケア等に従事する。
訳書にI.Z.ホフマン『儀式と自発性』(共訳)などがある。

HOME > アナリスト > 精神分析の代表的理論入門 > 小林陵「アントニーノ・フェロの精神分析フィールド理論入門」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

アントニーノ・フェロの精神分析フィールド理論入門

[講師] 小林陵先生(横浜市立大学附属病院)

 
[概要] 本講義ではイタリアの精神分析家であるAntonino Ferroのフィールド理論について紹介します。南アメリカのBarangerらの二者的フィールド理論をもとに、Bion理論、そして物語論などを結び付けた彼の理論や技法について取り上げています。
 
[収録日] 2021/08/14
[時間] 56分
[vimeo VOD内の動画番号] 19

vimeoサイトで視聴する→
 

アーウィン・Z・ホフマンの
精神分析

本講義では関係精神分析の代表的な論客であるIwrin Z.Hoffmanの理論について解説します。Hoffmanの構成主義的な観点や、主著のタイトルにもなっている儀式と自発性の弁証法などについて取り上げています。

 アントニーノ・フェロの
精神分析フィールド理論入門

本講義ではイタリアの精神分析家であるAntonino Ferroのフィールド理論について紹介します。南アメリカのBarangerらの二者的フィールド理論をもとに、Bion理論、そして物語論などを結び付けた彼の理論や技法について取り上げています。

 治療構造について

「精神分析的心理療法のはじめ方」シリーズ第3弾の本講義では、精神分析的心理療法をはじめるにあたって、最初に踏まえておく必要がある治療構造がテーマとなります。自分がどんな治療構造の中で臨床を行っているのかを考えることの重要性を解説します。

 抵抗について

「精神分析的心理療法のはじめ方」シリーズ第4弾の本講義では、精神分析的心理療法では治療者はどんな介入をしているのかについて解説します。そして、その中で特に抵抗分析に焦点を当てて具体例を交えながら紹介をしています。