(せんどう・ゆか)
精神分析的心理療法士(日本精神分析学会およびBritish Psychoanalytic Council登録)。
臨床心理士(日本・英国)。
総合病院精神科や精神科病院等での勤務経験ののち、英国タビストック・クリニックに留学。
同クリニック成人部門での臨床トレーニングを修了し、Tavistock Centre Qualification in Adult Psychotherapy取得。
現在、個人開業(新大阪心理療法オフィス)のほか、大阪経済大学兼任講師なども務める。
近著に「心理療法に先立つアセスメント・コンサルテーション入門(2019, 誠信書房)」。2022年には翻訳書(邦題未定)を出版予定(誠信書房)。

HOME > アナリスト > 精神分析の代表的理論入門 > 仙道由香「メラニー・クラインの理論に触れる」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

メラニー・クラインの理論に触れる

[講師] 仙道由香 先生(新大阪心理療法オフィス)

 
[概要] メラニー・クラインの理論の中で、臨床上大切なものを取り上げてお話しします。特に「無意識的空想」「妄想・分裂ポジション」「抑うつポジション」「投影性同一視」「羨望」「罪悪感」「償い」などに注目します。
 
[公開日] 2022/3/26
[時間] 60分
[vimeo VOD内の動画番号] 28

vimeoサイトで視聴する→