(やまざき・たかあき)
臨床心理士・公認心理師、博士(心理学)。現在、こども・思春期メンタルクリニック。
1985年生まれ
2008年 上智大学文学部心理学科卒業
2019年 上智大学博士後期課程総合人間科学研究科心理学専攻修了
2020年 日本精神分析学会奨励賞 山村賞受賞

スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

こころの探究者たち#07

[講師]山崎孝明(こども・思春期メンタルクリニック)
[インタビュアー] 井ノ崎敦子(徳島大学)

[概要] 
1’29” 精神分析の学び方について
10’12” 臨床の楽しさについて
20’23” 論文執筆が日々の臨床にもたらすもの
31’27” 精神分析的心理療法における治療構造について
37’ 40” 臨床実践と研究のあり方
41’38” POST : 精神分析的支持的心理療法について
45’14” 心理臨床界全体における精神分析の置かれた位置
 
[インタビュアー] 井ノ崎敦子(いのさき・あつこ) 博士(学校教育学)、公認心理師、臨床心理士。 徳島大学キャンパスライフ健康支援センター総合相談部門副部門長。
 
[公開日] 2022/12/3
[時間] 53分
[vimeo VOD内の動画番号70] 

vimeoサイトで視聴する→
 

日本の精神分析(的心理療法)の歴史

本講義では、日本の精神分析/精神分析的心理療法の歴史について扱います。日本における土着化の過程を「週一回」という特殊な設定に焦点を当てて説明し、その後日本の精神分析の現在、未来についてもお話しします。

こころの探究者たち#07

精神分析の未来に明るい光を照らすようなお話を伺い、大変勇気づけられました。