(とうはた・かいと)
2010年京都大学大学院教育学研究科博士課程を修了。沖縄の精神科クリニック勤務を経て,十文字学園女子大学准教授(2022年3月まで)。
現在,白金高輪(しろかねたかなわ)カウンセリングルーム主宰。教育学博士、公認心理師、臨床心理士。心理臨床学会評議員及び同理事。2013年に日本心理臨床学会奨励賞受賞。専門は精神分析と医療人類学。
主な著書として『居るのはつらいよ―ケアとセラピーについての覚書』、『心はどこへ消えた?』、『なんでも見つかる夜に、こころだけ見つからない』など多数。2019年に『居るのはつらいよ』で大佛次郎論壇賞及び紀伊國屋じんぶん大賞を受賞。

HOME > アナリスト > こころの探究者たち > 東畑開人「こころの探究者たち#04」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

こころの探究者たち#04

[講師] 東畑開人先生(白金高輪カウンセリングルーム)
[インタビュアー] 井ノ崎敦子先生(徳島大学)

[概要] クライエントへの温かい眼差しのもと、臨床や本の執筆にかける思いについて率直に熱く語ってくださっています。
 
①精神分析の学び方について 8:00

②臨床の楽しさについて 14:45

③カウンセリングにおける「クライエントとの別れ」について 25:00

④「臨床家が自らを文章で語ること」の意義と難しさについて 35:49

⑤心の治療における臨床心理学の存在意義について 43:57

⑥最後にひと言 55:05
 
[公開日] 2022/04/30
[時間] 56分
[vimeo VOD内の動画番号] 50

vimeoサイトで視聴する→