(おおや・やすし)
東京大学文学部、教育学部教育心理学科卒業
東京都立大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士課程単位取得
横浜心療クリニック、明治大学学生相談室、東京大学大学院教育学研究科助手を経て、現在、東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授
(翻訳)ウィニコット『改訳・遊ぶことと現実』岩崎学術出版社、
オグデン『もの想いと解釈―人間的な何かを感じとること』岩崎学術出版社 ほか

HOME > アナリスト > 関係論の論客たち > 大矢泰士「トマス・H・オグデン」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

トマス・H・オグデン〜It takes two to think

[講師] 大矢泰士先生(東京国際大学)

[概要] 米国の精神分析家トマス・H・オグデンは、特定の学派に属さないが、英国のウィニコットやビオンらのパラダイム・シフトを消化して精神分析の世界全体に利用可能なものにしつつ、転移-逆転移の機微について分析家の体験を含みこんで生き生きと記述する観点と表現を見出してきた。この動画では、40年以上にわたる彼の著作家としてのキャリアに沿って、その展開の基盤となる前半の時期に特に重点を置きながら紹介していく。
[公開日] 2022/05/15
[時間] 65分
[vimeo VOD内の動画番号] 18

vimeoサイトで視聴する→