(やすむら・なおき)
臨床心理士、公認心理師。JFPSP精神分析的心理療法家。 甲子園大学心理学部教授、メンタルヘルス健育研究所サイコセラピスト、児童相談所スーパーヴァイザー。
1992-1993年  米国メニンガークリニック国際研修プログラム留学。
著書 : 「共感と自己愛の心理臨床ーコフート理論から現代自己心理学まで」(単著・創元社、2016 ) 「ポストコフートの精神分析システム理論」(共著・誠信書房、2013) など。 訳書 : アーネスト・ウルフ「自己心理学入門ーコフート理論の実践」(共訳・金剛出版、2001) ジョセフ・リヒテンバーグ他「自己心理学の臨床と技法ー臨床場面におけるやり取り」(共訳・金剛出版、2006) D. M. バーガー「臨床的共感の実際ー精神分析と自己心理学へのガイド」(共訳・人文書院、1999)

HOME > アナリスト > コフートの自己心理学 > 安村直己「コフートの自己心理学と土居の甘え理論」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

コフートの自己心理学と土居の甘え理論

[講師] 安村直己先生(甲子園大学)

 
[概要] 「甘え」理論で著名な精神分析医の土居健郎は、自己の著作の中でコフートに盛んに言及しています。そこで、土居の「甘え」理論をコフートの自己心理学理論に重ねてみると、コフートの治療理論がどのように理解されるかについて解説します。
 
[収録日] 2021/08/25
[時間] 25分
[vimeo VOD内の動画番号] 8

vimeoサイトで視聴する→