(そうだ・じゅんじ)
精神科医/臨床心理士/公認心理師
1985年 大阪大学医学部卒
2001年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了(人間・環境学)
現在 大阪府立大学人間社会システム科学研究科教授

HOME > アナリスト > フロイトの著作解説 > 総田純次「少年ハンス(後編)」
スマートフォン、タブレットなど、↓のプレーヤーで動画を再生できない方はこちらから→

少年ハンス(後編)

[講師] 総田純次先生(大阪府立大学)

 
[概要] 最初の子供の分析といわれるハンス少年の生き生きとした言動が魅力の作品です。症例を詳しく読み解いたあと、この論文がフロイトの思想展開に持つ意義、さらにエディプス・コンプレクスなどのフロイトの「理論」の真理とは何かを論じます。
 
[公開日] 2021/09/13
[時間] 25分
[vimeo VOD内の動画番号] 3

vimeoサイトで視聴する→
 

少年ハンス(前編)

最初の子供の分析といわれるハンス少年の生き生きとした言動が魅力の作品です。症例を詳しく読み解いたあと、この論文がフロイトの思想展開に持つ意義、さらにエディプス・コンプレクスなどのフロイトの「理論」の真理とは何かを論じます。

少年ハンス(後編)

最初の子供の分析といわれるハンス少年の生き生きとした言動が魅力の作品です。症例を詳しく読み解いたあと、この論文がフロイトの思想展開に持つ意義、さらにエディプス・コンプレクスなどのフロイトの「理論」の真理とは何かを論じます。