LinkIconEnglish Page
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 新型コロナウィルスの影響のため、4月に開催致しました今年度第1回公開セミナー(講師:ジャッキー・ゴットホールド博士)は当初の予定を変更し、webを用いて実施致しました。そして第2回もweb経由にて開講致します。まだまだ予断を許さない社会状況の中での判断です。この機会に、日頃、神戸まで足を運ぶことが難しい遠方の先生方、ご家庭を離れることが難しい先生方のご参加をお待ちしています。
 そしてこの第2回公開セミナーは、弊会代表理事の富樫公一による2つの講演を準備いたしました。いずれも自己心理学および精神分析以外の様々な心理療法と親和性の高い間主観性システム理論に関する講義です。一度この視点に触れると、以前の視点には戻れなくなるほど重要な臨床的視点/臨床的姿勢をもたらす間主観的感性ですが、一から学ぶ機会はそれほど多くありません。今回のセミナーでは、午前の部において、間主観性理論を学ぶ入り口のための講義を準備しています。そして午後の部では、研究者としても、この領域における世界のトップランナーの一人である同講師による、最先端のトピックスに関する講義です。午前・午後、いずれの講義も初学者からベテランに至るまで、幅広い方々にお聞き頂きたい内容です。
 先行きの見えない今だからこそ、この機会をご活用ください。

JFPSP自己心理学協会総務部
 中西 和紀

日 時  2020年12月13日(日)  10:00~16:00
会 場  インターネット会議室zoom利用
     *事前に専用のアプリをインストール頂く必要があります。
     *初めてzoomを利用される方のために、メール及びzoomにて、事前にお手伝い致します。
     *インターネットに接続されたご自宅のPC、スマホ(3G以上)等、利用可能。
定 員  70名ほど

講 演
     10:00 ~12:30 ウォームアップコース
     「間主観性理論の基礎知識〜本当にかみ砕いて説明する間主観性理論」
     13:30 ~16:00 アドバンスドコース
     「差別、不確かさ、偶然性、トラウマ〜何が起こるのかわからない世の中を生きることと精神分析
講 師  富樫 公一(甲南大学/栄橋心理相談室)
司 会  中西 和紀(あいせい紀年病院)

参加費 (1) JFPSP正規訓練生…4,000円
    (2) 大学院生(修士課程・博士課程前期・専門職学位課程)…4,500円
    (3) その他守秘義務を有する専門家…6,500円
※「その他守秘義務を有する専門家」とは…医師、臨床心理士、公認心理師、教師、看護師、PSWなど、守秘義務を負う資格を持ち、現在臨床現場で現に心理臨床活動を行っているか、またはその指導に当たっている専門家を指します。あるいは、そのような専門家になるための訓練を受けている方も含みます。
※本セミナーは臨床心理士資格更新のための研修ポイント(参加者は2ポイント)への申請を予定しています。ポイントを取得するためには、午前・午後すべての出席が前提となります。
※本セミナーは主催者側で録画・録音を行います。この内容は後日、有料の別企画にて活用する予定です。

甲南大学文学部教授/日本精神分析的自己心理学協会・代表理事/栄橋心理相談室精神分析家。
2001~2006 年 NPAP 精神分析研究所およびTRISP自己心理学研究所(ニューヨーク)に留学。
2003~2006 年南カリフォルニア大学東アジア研究所客員研究員。
ニューヨーク州精神分析家ライセンス/公認心理師/臨床心理士/博士(文学)/NAAP精神分析学会認定精神分析家/TRISP自己心理学研究所ファカルティ・訓練分析家・スーパーヴァイザー/国際自己心理学会国際評議員/Psychoanalysis, Self and Context誌国際編集委員。
 
[主要著書]
『精神分析が生まれるところ〜間主観性理論が導く出会い の原点〜』(岩崎学術出版社)
『トラウマと倫理:精神分析と哲学の対話』(岩崎学術出版社)
『Kohut’s Twinship across Cultures: The Psychology of Being Human』(Routledge)
『The Psychoanalytic Zero: A Decolonizing Study of Therapeutic Dialogues』(Routledge)

2) Eメール

①お名前、②ご所属、③ご職業(臨床心理士・公認心理師・医師・そのほかの場合は具体的に)、④郵送先住所、⑤電話番号をご記載の上、seminar@jfpsp.orgまでご連絡ください。 2〜3日経過しても返信がない時は、お手数ですが別のメールアドレスから再送いただくか、上記(1)ないしは下記(3)の方法をお試し願います。

3) FAX

Eメールと同様の内容を明記の上、NTTの電話回線から03-3356-8716まで送信願います。うまく送信できない場合は、上記1、2のいずれかでお願いします。

※お申し込みから5日経過してもメールによる連絡が入らない場合は、までご連絡ください。