LinkIconEnglish Page
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 東京にて開催を予定して参りました、2020年度第1回公開セミナーですが、新型コロナウィルスの影響を鑑み予定を変更することに致しました。企画自体はほとんど同じですが、東京での開催を中止し、インターネット会議室zoomを活用し、ご自宅で受講できるように致します。講師にジャッキー・ゴットホールド博士(ニューヨークIPSS主観性研究所/IAPSP国際自己心理学会児童思春期部設立者)をお招きし、通訳付きのセミナーをインターネットを介して開講致します。なお、本セミナーは臨床心理士資格更新のための研修ポイント(参加者は2ポイント)への申請を予定しています。
 その形態において、日本のものとは趣を異にするアメリカの児童・思春期臨床を体験する機会として、また子どもの病理だけに注目せずに常にセラピストの影響性を視野に入れて治療に臨む間主観的姿勢に触れる場として、私どものセミナーに足をお運び下さい。

JFPSP自己心理学協会公開セミナー部補佐
 荻野 基介

日 時  2020年4月12日(日)  10:00~16:00
会 場  インターネット会議室zoom利用
     *事前に専用のアプリをインストール頂く必要があります。
     *インターネットに接続されたご自宅のPC、スマホ(3G以上)等、利用可能。
定 員  40名ほど
テーマ  「間主観性理論から見た子どものセラピー〜大人の精神分析との共通点と違い」

講 演  10:00 ~12:30 「思春期についての私論:臨床的視座から」
講 師  Jackie Gotthold, Psy. D.(ニューヨークIPSS主観性研究所)
 
内 容  思春期の臨床実践とは? この言葉が独特の神秘的雰囲気を醸し出すのはなぜでしょうか? この発表では、思春期の混乱と大きな変化の概念を再定式化し、思春期発達と現代の精神分析的アプローチの臨床実践を考えます。間主観性システム理論、愛着理論、関係/自己心理学といった視座を統合することで、思春期発達の課題とその臨床的影響について再考していきます。発表では、ひとつの臨床例を紹介する予定です。臨床的視座からの思春期理論の統合とはどのようなことなのか、臨床例を通して説明していきます。
 
指定討論 青木紀久代(真生会/白百合心理・社会福祉研究所)
     貞安 元(慶應義塾大学/IPPサイコセラピー・プロセス研究所)
司 会  中西和紀(あいせい紀年病院)
通 訳  富樫 公一(甲南大学/栄橋心理相談室/ニューヨークTRISP自己心理学研究所)
     葛西 真記子(鳴門教育大学)

グループスーパーヴィジョン  13:30 ~16:00
講 師  葛西 真記子(鳴門教育大学)
     原田 美知枝(広島市SC)
     *午後のGSVにはゴットホールド博士の登壇はありません。
事例提供 出下 嘉代(広島市SC/日本赤十字広島看護大学 学生相談)
司 会  小泉 誠(甲子園大学)

参加費 (1) 大学院生(修士課程・博士課程前期・専門職学位課程)…4,500円
    (2) その他守秘義務を有する専門家…6,500円
※「その他守秘義務を有する専門家」とは…医師、臨床心理士、公認心理師、教師、看護師、PSWなど、守秘義務を負う資格を持ち、現在臨床現場で現に心理臨床活動を行っているか、またはその指導に当たっている専門家を指します。あるいは、そのような専門家になるための訓練を受けている方も含みます。
※本セミナーは臨床心理士資格更新のための研修ポイント(参加者は2ポイント)への申請を予定しています。ポイントを取得するためには、午前・午後すべての出席が前提となります。
※本セミナーは主催者側で録画・録音を行います。この内容は後日、有料の別企画にて活用する予定です。


ニューヨークIPSS主観性研究所ファカルティ/スーパーヴァイザー/訓練分析家
ミネソタMCPP現代精神分析研究所ファカルティ/スーパーヴァイザー
IAPSP国際自己心理学会会員/評議委員/児童・思春期部会設立者
IARPP国際関係精神分析学会会員/児童思春期グループ運営委員
アメリカ心理学会39部会セクション2(児童・思春期精神分析)会員/運営委員
ニューヨーク州個人開業精神分析家(児童・思春期・大人)
 
ゴットホールド博士は米国内外で多数の臨床発表、理論発表を行い、児童・思春期に加え、大人の精神分析の書籍、論文を多数手がけている。

2) Eメール

①お名前、②ご所属、③ご職業(臨床心理士・公認心理師・医師・そのほかの場合は具体的に)、④郵送先住所、⑤電話番号をご記載の上、seminar@jfpsp.orgまでご連絡ください。 2〜3日経過しても返信がない時は、お手数ですが別のメールアドレスから再送いただくか、上記(1)ないしは下記(3)の方法をお試し願います。

3) FAX

Eメールと同様の内容を明記の上、NTTの電話回線から03-3356-8716まで送信願います。うまく送信できない場合は、上記1、2のいずれかでお願いします。

※お申し込みから5日経過してもメールによる連絡が入らない場合は、までご連絡ください。